マカオでカジノ年齢制限

マカオでカジノができる年齢

マカオ特別行政区のカジノは21歳未満の入場が禁止されています。

 

これは「カジノ入場者規範及び就業とカジノの条件に関する法案」によるものです。

 


21歳未満禁止の看板

 

この法案ではカジノ側が全員のパスポートをチェックするなどの義務はありません。

 

違反が発覚した場合、違反者は1000パタカから1万パタカが徴収されます。

 

また、経営者に対してには1万パタカから50万パタカの罰金が科せられます。

 

そのため、入り口ではガードマンによる年齢のチェックがあるところもあります。

 

日本人はアジアの中でもかなり若く見られます。

 

特に童顔の方や、21歳になったばかりの人は注意が必要です。

 

マカオのカジノへ遊びに行く際には、パスポートのコピーを身分証の提示に使うとスムーズです。

 

また、5万香港ドル以上の両替の時にもパスポートの提示が必要です。

 

この年齢制限はとても厳格に規制されていて、例えば乳幼児を連れていると入場できません。

 

乳幼児連れ旅行の場合は、宿泊したホテルでゲストのために
ベビーシッターサービスをしている所を探しましょう。

カジノで有名なマカオに子連れでいく場合

香港からフェリーで約1時間ほどの距離にあるマカオは、24時間営業のカジノが多く点在するため「カジノの街」として知られています。

 

そのため、従来は「大人の旅行先」というイメージが強くありました。

 

しかし今、マカオは子連れのファミリー層にも人気の街になりつつあります。

 

その理由は、シェラトン・マカオに新たに加わったキッズプログラムにあります。

 

これはマカオで初めてのファミリー向けプランで、チェックインのときからこどもを喜ばせる仕掛けが盛りだくさんな上に、ドリームワークスと提携したこども部屋付きスイートルームも用意されています。

 

またホテルだけでなく、毎日午後3時からはコタイ・セントラルのショッピングモール内をドリームワークスの色々なキャラクター達がパレードをしたり、朝食の

 

ブッフェにシュレックなどのキャラクターが現れて一緒に写真撮影が出来たりといったイベントが随時用意されています。

 

このように、マカオは子連れでも十分楽しく過ごせる場所になっているのです。"

マカオにあるカジノでの入場制限

マカオにあるカジノには、入場制限があります。全ての方がそのカジノを利用できる訳ではありません。
現時点でそこを利用するとなると、少なくとも22歳以上でなければなりません。ですので21歳の方々などは、そこに入場する事はできないのです。
ではもしもその年齢以下の方々がそこに入場するとどうなるかと言うと、罰金が発生する場合があります。政府に対して所定の金額を支払う必要がありますし、マカオのカジノに対しても罰金を支払う必要があります。このため対象年齢以外の方がそこを利用してしまうと、お金を払う事になってしまうので要注意です。
ところで上記の22歳という制限は、現時点でのものです。今後状況によっては、そのルールが変わる可能性はあります。
現にマカオのカジノでは、一度その入場制限が変更になっています。数年前であれば18歳以上の方々は、そこに入場する事ができました。しかしある時からルール変更が発生し、現在では上記の年齢の方のみそこに入場できるです。ですので今後も変更になる可能性はあります。

※日本人スタッフが24時間常駐しているので、安心してオンラインカジノが楽しめます

>>マカオのカジノに行く前にオンラインで練習<<