マカオのカジノの言語

日本語が通じるマカオのカジノも

マカオのカジノを利用しようと検討している方々は、言語に関して心配している場合があります。と言うのもそのカジノは、日本にはありません。

 

外国にありますので、言葉の壁に関する不安を覚えている方も中にはいらっしゃる訳です。

 

ではマカオのカジノでは使用言語はどのようになっているかと言うと、基本的には英語で話すことになります。

 

他にも中国語や広東語などが、そこで使用されている事が多いのですが英語が話せない方の場合は、やはり言語の壁に不安を覚えてしまっている場合があります。

 

しかし、実はその国では日本語でも問題ありません。

 

というのも全てのカジノにて英語になっている訳ではなく、中には日本語が話せるスタッフが在籍してくれている所もあります。

 

ですので言葉の壁が心配なのであれば、日本語が通じる所を利用するのも一法という事になります。

 

なおカジノによっては、VIPというタイプもあります。

 

そのタイプの場合は、ほとんどの所で日本語が通用します。

日本語を話せるディーラーもいるマカオのカジノ

マカオのカジノは、日本語を話すことができるディーラーが在籍している場合があります。

 

日本語を話せるスタッフもいるので、日本人も遊びやすい環境になっています。

 

ホテルやカジノの内部は清潔な環境を保持されているので、女性や年配の方でも安心して充実した時間を過ごすことができます。

 

カジノに行く方法としては、個人で行くのと、ツアーなどに参加して行く方法があります。

 

ツアーでマカオのカジノに参加すると、ガイドの方も同行しているので安心できます。

 

大規模なカジノ以外でも、英語ならほとんど通用するので、日常的な英会話ができる人がいると気楽に楽しめます。

 

初心者の方の場合の覚書として、店内は、カメラやビデオなどで写真撮影をすることが禁止されています。

 

マカオへはフェリーで移動するようになるので、行き来するためにはパスポートが必要になります。

 

そのため、常にパスポートを所持していなければなりません。

 

なお、入場料が必要なお店と不要なお店もあります。

マカオのカジノは日本人でも楽しめる

日本人旅行者が多いアジアの街として挙げられるのがマカオです。

 

世界中から旅行者や観光客が集まることから、高級なホテルやレストランなどが数多く立ち並んでいるといった特徴があります。

 

そしてマカオには合法で金銭をかける形でのゲームが遊べるカジノが多数存在しています。

 

外国人旅行者や観光客であっても好きなだけゲームを遊べる上に、日本語が堪能なスタッフが在籍しているカジノも多々あることから、マカオのカジノは日本人でも楽しめるということを記憶しておいてください。

 

日本でも将来的にカジノを解禁するという話がありますが、マカオでなら現在であっても好きなだけお金を掛けて行えるゲームに興じることが可能です。

 

日本人の観光客の受け入れ態勢が整えられているといったメリットがあることから、他国のカジノに比べ日本人が足を運びやすいと言えるのです。

 

マカオは深夜であっても開いてるレストランが多いことから、深夜までじっくりとゲームをプレイしたいという方にもお勧めできます。"

中国語ができなくても大丈夫マカオカジノ

日本ではカジノが違法のため、多くの方は有名なラスベガスや近い国のため生きやすい韓国に行って楽しむ日本人が多くおり、最近人気なのがマカオのカジノです。

 

マカオは中国領土のため、公用語は中国語となりますが中国語が出来なくても騙されたり、危険な思いをしたり、カジノができないという事は無く、世界中からの観光客を相手にしている国のため簡単なプレイに必要な日本語なら通じる場合もありますし、英語が少し出来れば全く問題なくプレイする事ができます。

 

経験者なら困る事なくラスベガスなどでのカジノと何ら変わることがなく、特殊なルールもありません。

 

マカオでは18歳以上の方がプレイする事ができ、香港ドルに両替してくとスムーズな事が多いです。

 

食事もすませる事が可能で、日本語メニューを頼むと用意してくれるところも多く、比較的安く、世界中の国の人に合わせているため中華料理特有の辛みを抑えていたり、油っこくなく食べやすい料理を用意している店舗が多いです。

マカオのカジノで通用する言語

マカオのカジノは、そこで用いられている言語は様々です。カジノによって、使用言語が異なってくるからです。

 

基本的に大部分の所では、中国語が通じます。

 

というのもマカオという国は、そもそも中国語が公用語になっています。このためその国にあるその施設では、中国語は通用する訳です。

 

それと中国の南部では、広東語が用いられています。それは中国語の方言に相当するのですが、それも多くのカジノにて通用する言語の1つです。

 

また中国語だけでなく、ほとんどの所では英語も通用します。

 

つまりたいていの所では、英語と中国語が通用するという事になります。

 

では日本語は通用しないかと言うと、そうではありません。

 

と言うのもその国にあるカジノによっては、日本語を話せるスタッフが常駐してくれている事があります。そこならば、日本語は通用します。

 

このため大部分のマカオのカジノでは英語と中国語が通用して、中には日本語が通用する所もある状況です。

※日本人スタッフが24時間常駐しているので、安心してオンラインカジノが楽しめます

>>マカオのカジノに行く前にオンラインで練習<<