フロントマネーのシステム

マカオのカジノでのフロントマネーについて

マカオでは高額をかけると言う人も中にはいるわけですが、フロントマネーを利用するケースが多いと言います。

 

フロントマネーというのは、大金を予めカジノ側に預けることを意味しており、アメリカ国外に住む人が利用するケースが多く、フロントマネーを預けている人というのは、経済的な余力を持つ人々だと言われています。

 

フロントマネーはそれだけの金額をカジノで使う明確な意志を示すものですから、コンプを貰うにも有利であると言われています。

 

資金に余裕があればカジノのキャッシャーでフロントマネーを預け(デポジット)ましょう。

 

カジノによってはキャッシャーでなくてもカジノホストの部屋でも預けられます

VIPになりたければフロントマネーを預けよう

フロントマネーの幅はホテルによって異なりますし、そのフロントマネーの額で得られるサービスもまちまちです。

 

代表的なカジノのサンズグループ(ベネチアンも含む)を参考までに紹介します。

 

まず、200000HKD(日本円で約300万)のフロントマネーが必要です。

 

これを入金し、VIPカードを作ります(シルバーPAIZAカードまたはゴールドPAIZAカード)

 

 

このカードがないと、全く話になりません

 

誰でも簡単に作れるプレイヤーズカードとは違うものです。

 

またルビーカードというものも存在します。

 

これは、プレーヤーズカードでかなりプレーされた方が、もつカードであり、一般の平場カジノに加えルビーエリア(ハイリミットエリアともいいます)に入場できる権利のカードです。

 

PAIZAシルバー又は、ゴールドをお持ちの方は、どのエリアでも入れますし、もちろんプレーもできます。

 

VIPカードを作る際には、販売促進員をカジノで、呼びつけて作らせます。

 

その後、ローリングプログラムというカジノのプログラムに参加します。

 

プログラムって何?って思われると思いますが、これは、ローリングチップというカジノチップでプレイするものです。

 

マカオのカジノのローリングプログラムについて

※日本人スタッフが24時間常駐しているので、安心してオンラインカジノが楽しめます

>>マカオのカジノに行く前にオンラインで練習<<