マカオのカジノで税金と関税

マカオのカジノで税金がかかる場合

マカオでカジノをやった場合、一定の儲けが出た場合は申告する義務があります。

 

その際は所得として扱われ所得税と住民税が課せられます。

 

マカオでは50万円以上の儲けが出た場合所得として申告するという義務があります。

 

マカオで50万円以上儲けが出ることは珍しくないため、カジノをやる際には申告する方法などをあらかじめ調べておくと良いです。

 

また、申告した時に撮られる税金の分を考えてカジノをすることが計画的であるといえます。

 

何百万といった高額な儲けが出た場合にはカジノに詳しい弁護士などに相談することがおすすめです。

 

申告しない場合、空港で帰国の際に出国を拒否されてしまうことがあります。

 

これはマカオに限らずどの国でも同じです。

 

もちろんその際に税金を払えば出国することは可能であるため、その時で良いという考え方もありますが、その場合だと色々なチェックを受けるため時間がかかるので楽しく終えるためにもあらかじめ申告することです。"


マカオのカジノと税関について

マカオで税関を通る時に注意しなければならないのは、現金などを持ち出しするときか、持ち込む時かです。

 

つまり、日本から現金を持っていってマカオのカジノで使うために持ち込む時と、
逆に、マカオのカジノで儲けたお金などを持ち出す時には注意が必要です。

 

100万円以上の現金の場合は、税関への届け出が必要になってくるためです。

 

また、現金だけが対象ではありません。

 

日本円、現地の通貨や、小切手、有価証券の合計金額となってきますので、現金以外に換えて分割して持ち込んだり、持ちだそうとしても、届け出が必要になってくるため、注意が必要です。

 

但し、届け出が必要であるだけで、税金がかかる訳ではありません。

 

そのため、きちんと税関に届け出を行った方がよいでしょう。

 

スーツケースの中も調べられますし、身体検査をされることもあります。マカオのカジノで得たお金への税金ではなく、マネーローダリング対策なので、正直に届け出するようにすればよいです。

 

"

※日本人スタッフが24時間常駐しているので、安心してオンラインカジノが楽しめます

>>マカオのカジノに行く前にオンラインで練習<<