マカオのカジノの特徴

人気のあるマカオのカジノの特徴とは

マカオには、日本人旅行客に人気のあるカジノが至る所に展開されており、本格的にギャンブルを楽しみたい場合には、それぞれの店舗の特徴を見極めることが重要です。

 

マカオの特徴の選び方に関しては、ガイドブックなどにたびたび取り上げられていることがあるため、多少なりとも興味を持っていれば、こうした媒体に目を通すことが求められています。

 

 

カジノの経験が無い人にとっては、人気のある店舗を見つけることは難しいと言われていますが、様々な旅行客の体験談をチェックすることにより、ゲームの種類が充実している店舗を選択することができます。

 

大手のマカオのカジノに関しては、多種多様な媒体で紹介されており、今や観光スポットの一つとして位置付けられています。

 

マカオのカジノを利用するにあたっては、現地の通貨の特徴についてあらかじめ確認をすることが良いとされます。

 

これからも、人気のあるカジノに通い始める人がさらに増えることが見込まれています。

複合型なのがマカオカジノ

マカオカジノと一口にいっても30箇所以上あります。

 

その特徴としては他のカジノにはない独自のゲームが多く揃っており、種類そのものも多い事が挙げられます。

 

最低でも9種類のゲームがありますが、意外にもポーカーなどの欧米では人気のゲームがマカオには1つも無く、ルーレットも2台しかありません。

 

実際にゲームをする際ですが、香港ドル及びマカオの通貨であるパタカの両方でゲームができ、チップの色も分けられています。

 

これは客の大半が香港人なので両替の手間を考慮したものと考えられます。

 

またディーラーの態度がかなり横柄な事も大きな特徴です。

 

 

マカオのカジノで遊ぶ場合、一番に気を付ける点はディーラーの機嫌を損ねない事です。

 

それができないという人はお勧めできません。

 

配当をつける際や両替の際に、チップを投げつけるように渡すディーラーもいます。

 

こちらにしてみれば気分が悪くなるのですが、向こうにとってはどうでもいいみたいなので、気分を害さないようにする心構えが大切です。

マカオカジノならではの魅力

カジノといえばラスベガスを思い浮かべる人が殆どですが、最近ではマカオカジノが収入の面においてラスベガスを抜き世界一になっています。

 

マカオカジノには中国の資本と外資系の両方が混在しており、ゲームルールなどがそれぞれの系列で統一されています。

 

簡単な英語でも意思の疎通ができるので言葉の上での問題も心配いりません。

 

また日本語が通じるスタッフがいる場所もある他、セキュリティチェックが簡単でチップを取る事もなくなっているのでカジノに慣れていない人も安心して遊べます。

 

 

場所的にも日本から行った場合、ラスベガスよりも近いので気軽に行けるのも魅力です。

 

アジアなので食事も日本人の口に合い、日本食のお店もたくさん出店しているので日本と同じような食事を楽しむ事ができます。

 

ラスベガスに負けないほどの多くの施設や、ショーなどを開催しているホテルも充実しており、エンターテイメントが楽しめる魅力的な街として、マカオカジノの人気は高まっています。

マカオのカジノは旅行のついでに立ち寄れる

食事が美味しかったり、煌びやかなネオンが夜を彩ることから旅行先として人気が高いのがマカオであると言えます。

 

 

そんなマカオには外国人観光客であっても無条件で受け入れてくれるカジノが多々存在しており、基本的に入場が無料であることからマカオのカジノであれば旅行のついでに立ち寄れるということを記憶しておいてください。

 

カジノの賭け金は自身で自由に設定できますし、カジノに行ったからとって必ずお金をかけて遊ぶ必要もありません。

 

旅行の思い出として本物のカジノを見学したいという場合であっても、問題なく徘徊できるというメリットがあるのです。

 

日本と違いお金をかける形で行われるポーカーやスロットなどが完全に合法であることから、マカオへ旅行に出向いた際に遊び場に恵まれないという場合はプレイヤーとしてゲームに参加してみるのもいいでしょう。

 

 

日本語が話せるスタッフをホールに配置しているようなところもあるため、英語が話せない方でも安心だと言えます。

東洋のラスベガスとも言われているマカオのカジノの歴史

マカオは中華人民共和国の特別行政区の一つで、2009年にはアメリカのラスベガスを抜き世界最大のカジノ都市となりました。

 

その歴史は古く約300年の歴史があり、マカオへ移住した建設業従事者や港湾荷役業従事者、家事使用人の間で最初の賭博が開かれたのが起源です。

 

 

その後、ポルトガルの植民地となってからも、政庁がカジノを合法化して、税収の確保と多角産業の育成を目的として発展しました。

 

19世紀には賭場が200店以上も存在し、政府の税収歳入の半分を占めるまでになったとのことです。

 

1937年にはマカオのカジノ運営独占権を「泰興公司」の一社に委ね、1961年には入札の結果、スタンレー・ホー氏の率いる一社に引き継がれました。

 

2002年には新しくギャラクシー・カジノとウィン・リゾーツ社の二社にも開放され、その結果、2005年には1900万人と観光客が倍増した結果となりました。

 

人気のあるカジノは、駆け引き要素のない大小やバカラ賭博で、その他にスロットマシーンも設置されております。

 

その他に歴史があるドックレースも開催されており、競馬より人気となっています。

中国人が多いマカオカジノの客層

マカオのカジノには世界中から年齢性別を問わずたくさんの観光客が訪れます。

 

日本人の観光客も多いのですが、一番多いのは中国からの観光客で、大半を占めています。

 

店によって客層も様々であり、比較的落ち着いた雰囲気の外国人観光客が集まる店もあれば、少し年配の地元の人たちが少ない掛け金で遊んでいるような店もあります。

 

 

他にも上品な店や活気、熱気がある店、富裕層が集まる店などがあるので最初は何件か訪れだけでもマカオカジノが満喫できます。

 

また「カジノ・ヴェネチアン・マカオ」では遊びやすいスロット以外にもコンピュータ対戦のバカラや大小があり、家族連れや女性客といった客層がメインなのでカジノの初心者でも安心して遊ぶ事ができます。

 

ヴェネチアン以外では歩いて回れる距離に集中しており、簡単にいくつかのカジノ店が見学できますが、基本的には広東語及び英語が共通の言語になっていますので、多少でも身につけてからの方が良いでしょう。

カジノで有名なマカオの楽しみ方

マカオはカジノが観光資源となっていますので、マカオを観光地に選ぶ人は少なからずカジノに興味があると言えるでしょう。

 

しかしながらそれほど広くはないマカオとは言え、営業しているカジノの数はそれなりにあります。

 

それらの中から何処を選ぶのが良いかはあらかじめ下調べをしておくのが良いでしょう。

 

数あるカジノの中で自分の旅行の目的に合ったところを選んでおくのが良いでしょう。

 

いわゆる有名なお店に行くのも良いですが、賭け金が大きすぎて見ているだけしかできないのでは折角カジノに着た甲斐がありません。

 

 

そのため観光地として有名になっている様なミニマムベットが低い場所を探しておくのが良いと言えるでしょう。

 

場所にもよりますが最低の掛け金は数千円になるのがマカオのルールです。

 

特に休日の掛け金は大きくなる仕組みになっているため、注意しなければあっという間に数万円が消えることになるでしょう。

 

一万円程度であれば10秒で消えてしまうこともあるのです。

※日本人スタッフが24時間常駐しているので、安心してオンラインカジノが楽しめます

>>マカオのカジノに行く前にオンラインで練習<<