マカオのカジノホテル

ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16

ポルトガルと中国とフランスが融合した洗練されたカジノホテル

 

 

30以上のカジノホテルが林立しさらに増殖中のマカオで、常に人気ランキング上位に占めているのが「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」です。ポルトガル人による植民地支配の発端となった旧市街地に位置するため、歴史を物語る観光地にも近く、国内外の観光客に人気のホテルです。開発が進むウォーターフロント地区の中でも、マカオの歴史ある街並みを残す下町に堂々とそびえる同ホテルはフランス資本が投入され、さらにヨーロピアンなセンスが生かされた南欧風カジノホテルとして人気を集めています。

 

 

 

ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16外観

 

 

 

歴史

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」は、2008年8月にフランスのホテル会社アコーホテルズが資本投入してオープンしました。「ポンテ16」はポルトガル語で「16埠頭」という意味で、立地場所の地名にもなっています。ソフト面で強味を持つフランスのホテル会社は、他のカジノホテルと一線を画した特色を持ち、ヨーロッパらしい洗練された装飾が施され、2009年には「マンション」と呼ばれる全室スイートルームの高級レジデンスをオープンさせ、サービスの充実を強化しています。

 

2015年にはマカオで最初の、巨大3Dワールドがオープンして話題になりました。

 

 

 

カジノの特色:

 

1.歴史ある旧市街のシンボル:
「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」はマカオ半島でカジノが多く集まるエリアからは少し離れた場所にあり、湾に面した旧市街のランドマーク的な存在となっています。

 

 

2.ポルトガルと中国の融合:
ホテル外観は南欧ポルトガル様式をモダンにアレンジし、古い建物が並ぶ旧市街でひときわ目立つ外観となっています。

 

アジアへの航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマやマゼランといったポルトガル人探検家たちへのオマージュなのか、エントランスには地球儀を模した黄金に輝く球が迎えます。

 

ロビーの内装は中国らしい黄金の贅沢な輝きと、ヨーロッパの洗練された大理石やガラス細工を駆使したモダンなデザインが融合したゴージャスな空間が演出されています。

 

ロビー内に印象派の絵が飾られていたりと、フランス資本のアコーホテルズが配慮したフランス的な心遣いも感じさせます。

 

 

3.広くゴージャスなカジノ空間:
総敷地面積23ヘクタールに及ぶ「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」の中で、カジノのフロア面積は25000uと広いカジノ空間が用意されています。ホテルからカジノへの入り口まで、黄金の通路が続き、夢の世界へと誘います。

 

大理石の柱が立ち並ぶカジノのエントランス

 

地上階のバカラ専用平場は、フロア全体に茶色とライトベージュが使われ、レトロなヨーロッパの風格を醸し出すと同時に、巨大なシャンデリアや龍をモチーフにした照明をアクセントにしたりアルフォンス・ミュシャの絵画が飾られていたりと、ここでも欧州と中国の調和が活かされています。

 

テーブルゲームは109台、マシーンゲームは307台設定されており、日本のパチンコゲーム機などで有名なマルハン社が出資していることも特筆すべき点です。

 

VIPルームは2つの専用エリアがあり、照明や無駄な装飾を抑え、シンプルながらも格式のある空間となっています。

 

また同カジノ内には、マカオの伝統ゲームでもある「ファンタン」が楽しめるのも特徴で、このカジノに来たら是非プレイしてほしいゲームです。

 

それぞれのカジノ場は以下の場所にあります。

 

GF/地上階 平場(テーブルゲーム/バカラ専用ハイリミットエリア)
F プレミアムエリア/現金払戻し
F 金豊VIPエリア

 

 

 

4.飲食しながらカジノ遊戯:
カジノ内には飲食できるスペースが3か所あります。

 

【MJカフェ】
2010年にオープンした、マイケル・ジャクソンへのオマージュ的なカフェで、マイケル・ジャクソンの記念の品も飾られており

 

店内にはダーツ機も7台設置され、カジノの合間に一息できる休憩スペースとなっています。

 

【St-Tropezバー】
軽いスナックやドリンクが用意されているバーです。

 

【Sixteen Eightレストラン】
広東料理と上海料理が楽しめる中華レストランで、店内にはカジノゲームを楽しめるスクリーンも各所に設置されています。

 

 

 

ゲーム施設

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」のゲームの種類別施設内訳、台数は以下の通りです。

 

テーブルゲーム

109

  ミニバカラ  
  フェイス・ダウンミッドバカラ  
  スリーカードバカラ  
  シックボー/タイサイ  
  ルーレット(アメリカンタイプ)  
  ファンタン  
  フェイスアップ・ブラックジャック  
  パイゴウ  
  ETG(電子式テーブルゲーム)  
  スロットマシーン

307

  合計

416

 

 

 

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」の平場テーブルゲームのミニマム&マックスベットは以下の通りです。

 

ゲーム名

ミニマムベット(MIN BET

マックスベット(MAX BET

バカラ 200500 HKD 100000 HKD
3カードバカラ 300 HKD - HKD
バカラ (ハイリミット)

1000 HKD

2000 HKD

200000 HKD

300000 HKD

大小 100 200 HKD 60000 HKD
ブラックジャック(毎日) 200 HKD 8000 HKD
ブラックジャック(対子) 100 HKD 800 HKD

デジタル大小(Aruze社製)

Triple

Any Triple

Number

Double Dice

Single Dice

Big/Small

 

10 HKD

10 HKD

10 HKD

10 HKD

20 HKD

50 HKD

 

400 HKD

600 HKD

600 HKD

600 HKD

1000 HKD

1800 HKD

デジタル大小(Interblock社製)

Triple

Any Triple

Number

Double Dice

Single Dice

Big/Small

 

5 HKD

5 HKD

5 HKD

5 HKD

5 HKD

5 HKD

 

200 HKD

300 HKD

300 HKD

300 HKD

500 HKD

1000 HKD

電子ルーレット (インサイド)

Straight up

Split

Street

Corner

Six line

 

電子ルーレット (アウトサイド)

Columns/Dozens

Red/Black

1-18/19-36

Odd/Even

 

10 HKD

10 HKD

10 HKD

10 HKD

10 HKD

 

 

10 HKD

10 HKD

10 HKD

10 HKD

 

200 HKD

400 HKD

600 HKD

800 HKD

1200 HKD

 

 

1800 HKD

3000 HKD

3000 HKD

3000 HKD

 

 

・1HKD=16円
・電子ルーレットは「spintec社製」「interblock社製」
・ビデオスロットのベット金額は平場「0.05、0.1、0.2、1.0 HKD」など。

 

 

 

 

ここが素晴らしい

 

1.観光名所に至近:
「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」は、マカオ半島のカジノが多く集まるエリアからは少し離れた場所にありますが、世界遺産のセナド広場や観光名所の福隆新街、十月初五街から徒歩圏内にあり、カジノ以外の観光にも便利で日本人観光客に人気のホテルとなっています。

 

2.フランスのエスプリを取り入れたハイセンスなホテル:
フランスのアコーホテルズが経営するホテルとあって、外観、内装ともに、ポルトガルの要素を取り入れながらも、フランスの粋なエスプリを感じさせる内装に定評があり、日本の雑誌でも特集が組まれるほどです。

 

金の地球儀が出迎える南欧スタイルのゴージャスなエントランスを入ると

 

黄金に輝く幻想的なレセプションホールが現れます。

 

全室スイートルームのMansion/マンションと呼ばれるハイクラスなレジデンスのロビーは、吹き抜けの南欧風パティオへと招き、ガラス細工でモネの「睡蓮」を模した池に癒されます。

 

南欧風のパティオは木々に包まれ、ベランダからの眺めはまるでポルトガル。

 

ホテルは幾つかのリゾート風プールを擁しています。

 

海に臨むプール越しの風景はまさに南欧そのもの。

 

 

3.快適で豪華な客室:
「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」の客室は全部で408室あり、スーペリア、ラグジュアリー、ジュニアスイート、ラグジュアリースイートの4タイプがあります。全ての部屋が南欧的なインテリアで統一され、異国情緒に浸ることができます。

 

落ち着いたシックなブラウン系で統一された部屋はヒーリング効果もあり、所々にチャイニーズの粋を感じさせるインテリアもフランス的なエスプリを感じます。

 

ちなみに部屋のTVではNHKプレミアムの閲覧もできます。

 

すべての客室のマットレスはオリジナルブランド『My Bed』を使用し、快適な安眠を与えてくれます。客室からの眺めは旧市街を望むシティビューと海と内港を望むリバービューの2種類から選べます。

 

さらに2009年に増設されたマンションと呼ばれる全室スイートの高級レジデンスは、よりフランス的な感性を細部に施し、さらにラグジュアリーな部屋へと昇華させています。

 

マイケル・ジャクソンにちなんだ特別スイートは、豪華なインテリアを配した「貴賓室」として最高級の客室となっています。

 

客室内のアメニティはすべてフランスの化粧品ブランド、ロクシタンが備えられ、マンションではエルメスも備えられています。

 

健康管理、エステ方面も充実し、フランスパリに劣らない高級感溢れるSPAでは、エステの高度な技術を擁するマッサージで癒されます。

 

 

4.マイケル・ジャクソンギャラリーを堪能:
ホテル2Fにあるマイケル・ジャクソンギャラリーでは、彼のファンにはたまらないマイケルに関するコレクションを無料で鑑賞できます。

 

マイケルに纏わる40点もの記念グッズが展示され、

 

1983年のテレビ番組で、マイケルが初めてムーンウォークを披露したときに着用していた手袋を、オーナーがオークションで42万USドル(約3800万円)で落札した現物が展示されています。

 

 

5.評判高いグルメレストラン群:
「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」には、カジノ内の3つのレストランの他に、以下の4つのレストランを内設しています。

 

【Mistral/ミストラル】
「Mistral at Ponte 16」は、中華料理、フランス料理を一日中楽しめるレストランで、アラカルトメニューの他に多種多様な食材の並ぶビュッフェが用意されています。

 

【Le Chinois Cantonese/ル・シノワ・カントネーズ】
最上階からマカオ港の景色を眺めながら、最高級の広東料理を楽しむことができます。シェフは、様々な権威ある賞を受賞している香港のシェフ・ホ・ワー氏。

 

【Prive French/プリヴェ・フレンチ】
マカオの旧市街の素晴らしい景色を眺めながらいただく地中海料理のお店です。

 

【Rendez-vous/ランデヴー】
「ランデヴー/出会い」という名前に相応しい、幸せな出会いを運ぶラウンジバー。ロシアやスコティッシュなお酒、フレンチワイン、英国ティーなど、最高品質のドリンクを堪能できます。

 

【クラブ・ソフィテル専用ラウンジ】
17階にあるクラブ・ソフィテル専用のラウンジで朝7時から夜11時までオープンしてます。

 

会議場に使われるミーティングルームも、臨機応変に宴会場へと早変わり。

 

 

7.メンバーズカードでお得な特典:
「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」では以下の4種類のカード特典が受けられます。

 

「Classic Card」
21歳以上であれば誰でも入会できます。

 

「Privilege Card」「Infinite Card」「MJ Vip Card」
紹介状がある人のみ入会可能。

 

これらのカードでホテル内の施設での割引、マカオ市内での買い物で、カード別に異なるキャッシュバックなど、広範囲に渡る特典を受けることができます。
例えばカジノ内に限っても、上記の会員には以下のような特典があります。

 

Privilege Redemption 商品贈呈
Monthly Lucky Draw ポイント獲得
Member Benefits ワイン・ライフスタイル・宿泊・フェリーなどでの割引特典
1% Rebate & Privilege Package Sixteen Eightレストラン」での割引特典
Latest Slot Jackpot ジャックポットの報酬
Points to Credits ポイントのキャッシュバック

 

 

 

8.シャトルバス、リムジンサービスを提供:
ホテルと港澳埠頭を往復する無料シャトルバスが出ており、

 

必要に応じて、ラグジュアリーなリムジンサービスを受けられます。

 

 

9.日本語が通じる:
フロントには日本語が通じるスタッフもいるので安心です。

 

 

10.ボディチェック無用ドレスコードは特になし:

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」ではボディチェックがなく、服装やバッグをいちいち調べられることもありません。比較的カジュアルな格好でも気軽にカジノに入ることができますが、ビーチサンダル、タンクトップ、ショートパンツはNGとなっています。

 

また、タクシーやカジノ内でのチップは不要ですが、ホテルスタッフには10パタカ程度のチップが好ましいようです。

 

 

11.年中営業:

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」は24時間365日営業しています。ホテルの宿泊者だけでなく、外部からいつでもだれでも出入りが自由です。

 

 

 

注意事項:

 

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」でカジノを楽しむには、以下の点にご注意下さい。

 

1.カジノは満21歳未満は入場できません。同伴や子連れであっても21歳未満の客は拒否されます。違反すると罰金が課せられます。入場の際身分証明書を求められることがありますので、パスポートはいつも持参しておいたほうが良いでしょう。

 

2.服装は軽装でも問題なく、ボディチェックもありません。ドレスコードがないとはいえ、短パン、サンダル、サングラス、帽子はあまりオススメできません。ビーチサンダル、タンクトップ、ショートパンツはNGとなっています。

 

3.カジノフロア内で撮影が一切禁止となっています。

 

4.カジノ内では走ってはいけません。どんなに急いでいても、早歩き以上のスピードはすべて、係員に止められます。

 

5.パソコン、デジカメ類は基本的には持ち込み禁止ですが、特にチェックを受けません。大きな手荷物などは、ホテルのクロークに預けることができます。

 

6.サービス代として払う「チップ」は特に必要ありません。ディーラーやクローク係にも渡す必要はありません。ただしホテルスタッフには10パタカ程度のチップが好ましいようです。

 

 

 

お客様の声:

 

 

「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」でカジノを利用されたお客様の声から、幾つかお役立ち情報を抜粋しました。

 

1.建物施設環境について:

 

1)セナド広場から歩いてすぐです。地図で見るとかなり遠いのかと思いましたが、広場の前の道をまっすぐ歩けば突き当りです。

 

2) 部屋はとても綺麗で内装はすごくおしゃれ。 ホテルスタッフも感じがよく、外には素敵なプールもありました。

 

3)禁煙フロアーがあり嬉しい。部屋も利用しやすい広さで満足。朝食は豊富でおいしい。どこのスタッフも対応がいいのでおすすめのホテルです。日本人のスタッフもいました。

 

4)無料の水2本あり、500ミリ

 

5)ホテルマンは丁寧で熱心前向き、香港にはない初々しさと熱さあり。このホテルではかなり流暢な英語でコミュニケーションできる。当然のことながらホテルスタッフとしての教育がかなり徹底されていることが実感され、快適なサービスが受けられました。

 

6)バスにつかりながらTVを観ることができます。私たちはここで年越しをしたので紅白歌合戦をバスにつかりながら観ましたよ。日本語放送はNHKプレミアムだけですが、総チャンネル数は多いです。

 

7)室内は広くて豪華。備え付けのスマホは街中に持ち出し可、google mapなどに重宝する。

 

8)部屋のアミュニュティーがロックシタンでした。部屋だけでなく誰もが使える共用部分のトイレ等の石鹸も全部ロックシタンでした。ジムのシャワーもロックシタンだったので、たくさん使えてよかったです。スポーツジム・スイミングプールに併設されたシャワールーム。ロクシタンの大ボトルが設置され、部屋のアメニティよりずっとロクシタンを満喫できました。スパに行ったかごとく、身体中いい香りに包まれました。

 

9)スイミングプールは中国大陸側(リバー)に面していて、リゾート気分になれます。

 

 

 

2.カジノ施設環境について:

 

1)地下のカジノは低レートで遊べる卓も多く、のんびりと過ごすには良いですね。

 

2)ホテル下にはカジノがありましたが、全く騒がしくもなく室内ではゆっくりとくつろげました。

 

3)紙幣を投入して、途中でやめるときは、残金はレシートで出てきますから、それを最後にまとめてもらいます。香港ドルで遊べます。

 

4)宿泊者は麺が無料でいただけるとのことでしたが、遊んでいるうちにアドレナリンが出るのかお腹は空かず、いただく機会を逃しました。

 

5)カジノの中で、紙コップをたくさん積んだワゴンを見つけたら、飲み物のサービスがもらえます。指差しで大丈夫。

 

6)高額の掛けになると、1段高いフロアになり、そこでの覗き見は禁止されます。イカサマ防止でしょうね。

 

7)リスボアに比べたらかなり端に位置しますが、セナド広場〜聖ポール天主堂跡などが徒歩で廻れます。マカオにある世界遺産の半分くらいを、このホテルから徒歩で見られます。

 

8)宿泊していなくても、カジノには無料で何時にでも入れます。

 

9)昼間は観光、夜はカジノで遊んでいました。マカオのブラックジャックのルールはラスベガスに比べるとプレーヤーに不利と聞いていましたが、そんなことはなかったです。ブラックジャックのテーブルは比較的少ないですが、他のホテル(グランドリスボアやウィン)に比べると Minimum Bet は低く抑えられていましたし、十分楽しめました。カジノでの飲み物ですが、ノンアルコール(紅茶、水、ジュース等)は、カウンターに常に置いてあり、自由に飲めます。アルコールは有料です。

 

 

 

3.飲食施設環境について:

 

1)朝食のバイキングも、中華麺類、点心、から洋食メニュウ、フレッシュジュースなど、種類も多く美味しかったです。

 

2¬)クラブラウンジのサービスは素晴らしく良いです。アフタヌーンティなどは、ちゃんと三段のトレーで、お茶はポットできます。また朝食はラウンジでも6階のミストラルでもどちらでも良いので、私たちは静かさより楽しさを求めて6階へ。ここの朝食は素晴らしいです??卵、麺、クレープなどのデザートコーナーにそれぞれシェフがおり、調理していただけます。普通においてあるパンも、エッグタルトもとても美味しく。作っていただくワンタン麺などは、真面目に美味しい。お部屋にはウエルカムマカロンも。難点は、お腹がいっぱいになりすぎて、街のグルメ散策がふるわなくなることくらいかも

 

3)ラウンジの朝は果物やジュースが豊富でオリジナルの疲労回復ドリンクなどの提供もありました。

 

4)朝食は非常に美味しく、パンやチーズは日替わりで提供されておりどれも美味しいです。

 

5)ホテルの朝食がとても種類が豊富で美味しく、3日間では足りないくらいでした。
特に自分で麺の種類を選び、具材を選び、調理してもらうのがすごく気に入りました。

 

6)朝食はクラブフロアでも下階のレストランでも可だった。

 

7)翌朝の朝食は、チョコレートファウンテンまでありました。中央だけではなく、麺を作ってくれるカウンターの奥にも、食べるものが並んでいるので、かなり迷います。

 

 

 

以上、「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」ご案内の旅、いかがでしたか?世界遺産から近い観光に便利な立地に、ポルトガル・中国・フランスの良さがバランスよく調和したカジノホテルで、昼は童心に戻って観光を、夜は世慣れた大人のギャンブラーに転身してゲームに興じる。そんな2つの顔をフレンチテイストの大人ホテルで楽しんでみませんか?

 

 

 

 

基本情報:

 

店名:ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16
住所:澳門内港巴素打爾古街
    (英語)Rua do Visconde Paco de Arcos, Macau

 

電話:853- 8861-0016

 

営業時間:年中無休、24時間営業

 

入場料:無料

 

クレジットカード:JCB、VISA、MASTER、AMEX

 

インターネット:ケーブル接続のみ、HK$55 / 30分、HK $100 / 60分
          (サービス料10%、政府税5%が加算されます)

 

※すべての料金にはサービス料10%、政府税5%が加算されます。

 

 

 

アクセス情報:

 

マカオ国際空港から:
【ホテル無料シャトルバス】
所要時間:約20分

 

港澳フェリー乗り場から:
【ホテル無料シャトルバス】
運行時間:ホテル→港澳埠頭 8:30 ? 21:00 (30分に1本)
       港澳埠頭→ホテル 8:45 ? 21:15(30分に1本)
所要時間:約15分

 

タイパフェリー乗り場から:
【ホテル無料シャトルバス】
運行時間:9 :00〜23:00 (25分おきに1本)
所要時間:約15分

 

關閘から:
【ホテル無料シャトルバス】
運行時間:9 :00〜23:00 (15分おきに1本)

 

【タクシー】
所要時間:約15分
料金:約HK$50

 

 

地図

 

 

※日本人スタッフが24時間常駐しているので、安心してオンラインカジノが楽しめます

>>マカオのカジノに行く前にオンラインで練習<<

関連ページ

グランドリスボア
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
サンズコタイセントラル
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
グランドラパ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ギャラクシーホテル
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
MGMグランドマカオホテル
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
グランド・ハイアット・マカオ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
マカオ・コタイ・ストリップ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ホテルオークラ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
グランドエンペラーホテル
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
バンヤンツリー
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ハードロックホテル
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
サンズ・マカオカジノ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ゴールデンドラゴン
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ハイアライ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ザ・ヴェネチアンマカオ・リゾートホテル
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ホテルリスボア
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。
ウィンマカオ
マカオのカジノの遊び方から服装やマナーなど知らないと損をする情報をお伝えします。初心者必見!マカオのカジノで失敗しないためにも当サイトで予習しましょう。